スマ留 留学体験談

海外に留学した際のトラブルと対処法について

今回は、留学中に起こったトラブルについて、その対策と一緒に紹介します。

海外でのトラブルは、場合によっては本国に帰れなくなるケースもあり、対処の方法が問われます。

私が実際に合ったトラブルは、現地で何とか対応することが出来たのですが、現地の言葉がしゃべれないと非常に厳しいです。

特に留学の場合は、言語を学びに行っている方もおられ、キチンと喋れないケースもあるようです。

そういった方に参考にしてほしいので、是非記事をチェックしてみてください。

スマ留の評判はでたらめ?口コミ一覧とサービス内容!

 

【留学中にパスポートを紛失】

私が経験した留学中のトラブルで一番大きな問題だったのが、パスポートの紛失です。

パスポートは、海外にいる日本人にとって、自分自身を証明するものであり、これがないと日本へ帰れません。

非常に重要なものなのですが、無くしてしまう方も結構多いようです。

まず。どこの国に留学していたのかと言うと、カナダのトロントに留学していました。

カナダの中でも一番大きな都市として有名であり、大学も多く人気のスポットです。

 

ただ、その分トラブルも多いようで、スリがいたり、チンピラのような輩が町にいたりしました。

治安はそこまで悪くなかったのですが、日本と比べるとやはり治安が悪く、危機管理能力の薄い私にとっては、非常に危なかったです。

パスポートを無くしてしまったのは、とある日書類の手続きをしないといけない時があり、パスポートが必要とのことでパスポートをもって外出しました。

パスポートはポーチにしまって、腰につけて無くさないよう対処していました。

 

一通り、書類の手続きが終わり、またポーチにパスポートをしまい家に帰った時、ポーチが無くなっていることに気付きました。

帰る際には、ローカルのバスを使って帰っていたのですが、おそらくそのバスの中ですられたのだと思います。

そこまでバスは混雑しているわけではなかったのですが、私は携帯電話を触っていたので、確かに集中していませんでした。

その時にポーチをすられたのだと思います。

 

幸い、財布などは別にしていたので一緒になくなる事はなかったのですが、非常に焦りました。

腰につけていたポーチが丸ごと無くなっていたら、自分でも気づくと思っていたのですが、そこが自分の甘さだと痛感しました。

 

【もし留学中にパスポートを無くした場合その対処法を紹介】

パスポートを実際に無くしてしまった場合、どの様な対処法が良いでしょうか。

私の場合は、まずホームステイ先の方に相談しました

するとネットで対策を調べてくれ、すぐに警察に行くことになりました。

 

パスポートを無くした場合、まず現地の警察にいって紛失の証明書を発行して貰う必要があります。

よく、日本大使館に相談すればよいと考えている場合が多いですが、日本大使館へ行く前に警察で証明書を発行してくれと断られるケースもあるようです。

大使館に相談すれば対処法を教えてもらえるケースもあるので、留学に行く前には現地の大使館の連絡先をメモしておくとよいでしょう。

 

次に、警察で入手した証明書とや写真、他自分の本国にいると言う証明書などを用意して大使館で、パスポートを発行して貰います。

大使館でパスポートを発行して貰えますが、日本に早く帰らないといけないと言う場合、渡航書という書類を利用すれば日本に帰れます。

パスポートの発行は時間がかかる為、すぐに帰る必要がある場合は、この渡航書にすればオーケーです。

 

現地でパスポートを無くしてしまっても日本に帰れないわけではないので、現地の知り合いなどに頼み込んで対応して貰うようにしましょう。

特に、ホームステイ先や、留学中の学校の友達など、頼れる人をつくっておくことは非常に重要です。

イギリス留学でEU離脱は深刻な影響を与えるか?

-スマ留 留学体験談

© 2021 スマ留の評判と口コミ|大学生のためのトラブルなし格安留学