留学総合情報

アメリカ留学にふさわしい服装は?何を持ってけばいいの?

アメリカに留学するとき、ネットで調べて色々と用意をしていきます。たぶん、大抵のものは迷いなく揃えられると思うんですよね。生活に必要なものは限られているし、現地でも手にはいるものも多いです。

ひっかかるものがあるとすれば服装だとおもいます。服装に関しては何を持っていけばいいのかわからないという意見も多いそうです。

 

今回はアメリカ留学の際に持っていった方がいい服装についてお伝えしていきます。

アメリカ留学で物価・家賃が安い州とは?費用で選ぶ留学先

 

アメリカは基本服装は自由!

アメリカってあんまりファッションのイメージはないと思います。ヨーロッパの方がオシャレに気を使っている気はします。

その通りでアメリカは基本的に服装に関してはかなり自由です。自由というよりも無頓着な人が多いのは確かです。

 

日本では見かけないアンバランスなファッションも多いです。例えば、夏にニット素材を来たり、コートを着ているのにビーチサンダルを履いていることも。オシャレでやっているというよりはズボラから来ていると見てもいいです。靴下に関しては見えないから左右で逆のものを履いていることもあるあるになっているくらいです。

 

アメリカにおいては服装で浮く浮かないという話はほとんどないので自分が普段来ているもので問題ありません。

 

アメリカは気温差がとてつもない!

服装で気をつけるという意味ではもうひとつあります。それはアメリカの気温の問題です。日本とアメリカでは季節も気温も違うので同じ時期でもアメリカと温度差がかなりあります。日本と完全に同じ服装だと暑い、寒いということは起こります。

 

また、アメリカ内でも寒暖の差は激しいです。北部は夏でも涼しいくらいですが南部は相当暑いです。逆に冬だと北部は北海道よりも寒い地域はゴロゴロあります。

なので服を準備するときは自分のいく地域に合わせるのがいいですね。自分が滞在する都市の気候はあらかじめ押さえておきましょう。

 

スーツやドレスを着る機会も・・

アメリカでは盛んにパーティーが行われます。ほとんどがカジュアルなパーティーなので服装は基本的に自由です。私服で行くことになるでしょう。

ただ、もしかしたらフォーマルなパーティーに出席する機会もあるかもしれません。学校主催のイベントやフォーマルな服を着るタイプのイベントはあるでしょう。

 

そんなときのためにスーツやドレスは用意しておいたほうがいいですね。スーツはとりあえず持っていけば大丈夫です。

ドレスに関しては日本ではなかなかお手頃に買えるものではないので現地で学生用の安いドレスを手に入れるのが無難です。

 

長期の滞在中は一度くらいフォーマルなパーティーに遭遇してもおかしくないので余裕がある人は準備をしておきましょう。

ドレスコードがあるお店にもいけますし、用意しておいても損はありません。

 

高い服を来ていると・・・

アメリカは日本と違って日常的に犯罪が横行しています。目に見えるところからでもそれがわかると思います。

日本人は観光客と留学生はよく狙われますが、理由はいい服を来ているからというのもあります。

 

海外に行くときは服装で気合いを入れる人も多いですから、いつもよりも派手な服を用意していたりします。

着飾っている人はお金がある人だと思われるので、引ったくりや強盗に狙われることも可能性としてはあります。

 

持っていく服装のなかに着古したものも入れておくと狙われる可能性が低くなります。そのバリエーションも大事です。

 

アメリカ留学での服装 まとめ

基本的な服装でいうとアメリカでは特に気にしなくてもいいです。なんせ自由の国ですから日本よりもファッションにはうるさくありません。

ただ、TPOをわきまえるというのはアメリカでも重要なので対応できるように用意しておくことをおすすめいたします。

スマ留の料金は安い!?なぜなのか?

-留学総合情報

© 2021 スマ留の評判と口コミ|大学生のためのトラブルなし格安留学