留学総合情報

留学での体験はプライスレス!

【24時間英語漬け】

私はカナダのバンクーバーに1年半留学していました。滞在中はずっとホームステイでした。ホストファミリーのカナダ人のお父さん、台湾人のお母さん、3人の子供達と韓国人留学生2人と私の大所帯でした。

 

夕飯は必ず家族揃って食卓を囲みました。ホストマザーが話好きで聞き上手だったので、子供達や私達留学生にバランス良く質問をして話をする機会を増やしてくれたことがありがたかったです。どんな下手な英語でもみんな、明るく楽しく聞いてくれたので、ご飯の時間が楽しかったです。

 

ネイティブと毎日自宅でも会話ができて、留学生の子達とも親友のようになれて、学校だけでなく実戦的な英語環境に身をおけたことは本当に良かったです。留学の醍醐味でした。

 

アパートで日本人同士でシェアをして日本語を話す生活をしている人もおり、もったいないなと感じました。アパート生活は気楽で良いかもしれませんが、期間限定の留学でしたら、現地の家族と一緒に住み、帰宅してからも英語漬けの環境を保てる楽しくて安全なホームステイはおすすめです。イースター、ハロウィン、クリスマスなどのイベントも家族と一緒に楽しめました。

 

ただ、ファミリーや出てくる食事、環境が合わない場合は、無理せず早めにエージェントに相談し、家を変えてもらった方が良いです。英語漬け生活のおかげで、最後に私は寝言で英語を言えるくらいまでになりました。

 

【友達が沢山できた】

留学の良いところは、出会いが多いことです。ご縁や自分次第というところもありますが、まず学校では各国からの留学生と長い時間を過ごし、ご飯を食べに行ったりするとグッと距離が縮まって仲良くなりやすいです。

午前、午後とクラスが別れる場合は、更に色々な生徒と出会う機会が増えますし、気が合う友達と出会う確率は高まると思います。

 

海外はオープンでフランクな感じなので友達の友達と仲良くなりやすかったりもしました。私は、韓国人のハウスメイトと親友になり、毎日寝る間も惜しんでずっと一緒に話していました。仲良くなると深い話もするようになるので、英語力も自然と身についていきました。

 

学校で仲良くなった韓国人4人と日本人4人のグループで図書館で勉強したり、パーティーをしたり、レンタカーをして泊まりの旅行に行ったりと、友達のおかげで毎日が楽しかったです。出会いが多く、みんな同じ目的で来ていて、苦楽を共にするため仲良くなりやすいのも留学の特徴であると思います。

 

日本ではこんなに友達を作ることは難しいのではないかなと感じたこともありました。友達のおかげで毎日笑顔と笑いの絶えない日々が過ごせ、本来の自分が取り戻せた感覚もありました。帰国してからも友情は続いており、一生の宝物になりました。

 

【ショッピング、おでかけ、旅行も満喫】

バンクーバーは、都市と自然が共存しているバランスのとれた街で様々なアトラクションがありました。

学校帰りにショッピングがしたいなと思ったら、ショッピングモールや買い物ができるストリートに気軽に行け楽しめました。

自然が恋しくなったら、都市部から歩いて20分位できれいな海岸にアクセスできたり、水上バスを利用して、海から街や雄大な山々を堪能できたりと刺激的でした。

 

また、仲間達とはバスに乗り、スノボに行ったり、バックパッカーになりカナダの他のエリアを旅したり、お隣のアメリカに足を伸ばして野球観戦をしたり、ディズニーワールドに行ったり、ミュージカルを見に行ったりしました。日本から両親や友達が遊びに来てくれた時も自信を持って観光に連れて行くことができ、満足してもらえました。留学をして海外にいるからこそ色々なところに行きたいとアクティブになり、学校やホームステイ以外のアミューズメントも存分に楽しむことができました。

スマ留の評判はでたらめ?口コミ一覧とサービス内容!

スマ留

-留学総合情報

© 2020 スマ留の評判と口コミ|大学生のためのトラブルなし格安留学